お口の健康をキープしたい

  • ホーム
  • お口の健康をキープしたい

お口の健康を維持するためには「予防」が大切

お口の健康を維持するためには「予防」が大切

郡山市歯医者「ひわだ歯科医院」では予防歯科にも力を入れています。むし歯や歯周病を予防し、お口の健康を維持するために、毎日ブラッシングをされていることと思います。しかし、どんなに丁寧にブラッシングをしていても、歯と歯の隙間など細かい部分は磨ききれていないことがあり、それがむし歯や歯周病の原因となってしまいます。

お口の健康を保つためにはご自宅でのブラッシングだけでは不十分。歯科医院に定期的に受診し専門的なクリーニングを受けることが必要になってきます。定期的に歯科医院に行くことで、口腔内を清潔に保てるだけでなく様々なメリットがあります。

予防歯科のメリット

予防歯科のメリット

歯が痛くなってから歯科医院へ駆け込むという方が多いと思いますが、その場合、ほとんどのケースで歯を削るなどの治療が必要になります。むし歯など歯の病気は一度かかると再発しやすく、再発と治療を繰り返すことで歯へのダメージは蓄積されていき、歯を失うリスクが高まります。また、痛みでストレスを感じたり、治療費用もかさんだりとマイナスのことばかりです。

一方、痛みなど症状がないうちからきちんと歯科医院に通うことで、健康で快適な口腔内環境を維持できます。また、それ以外にも次のようなメリットがあります。

病気の早期発見・早期治療ができる

口腔内の状態を定期的にチェックすることで、むし歯や歯周病の早期発見が可能です。早めに見つけることができれば、短期間での簡単な治療で済み、口腔内への負担も少なくなります。

治療費用を抑えることができる

治療が必要になった場合、症状が進行しているほど治療費用は高くなりがちです。定期検診や予防処置で口腔内トラブルを回避できれば、トータルでの費用負担は軽くなります。

口腔内を清潔に保てる

歯科医院での口腔内クリーニングは、自宅でのブラッシングでは落としきれない汚れまでしっかり取り除くことができます。お口の中がスッキリし、より清潔に保てます。

定期検診のススメ

「定期検診では何をするのですか?」よく患者様からこのようなご質問をいただきます。こちらでは、歯科医院の定期検診について詳しくご説明します。

Q.定期検診の内容とは?

A.定期検診では、以下のような検診・施術を行っています。

口腔内診査 ブラッシング指導 フッ素塗布

口腔内診査

むし歯や歯周病など病気の有無を確認し、口腔内の健康状態を診査します。

ブラッシング指導

歯ブラシの選び方や持ち方、磨き方など、患者様の口腔内に合わせて指導します。

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布する処置です。フッ素には、歯質を強くしむし歯菌が出す酸に対する抵抗力を高める効果があります。
スケーリング PMTC シーラント

スケーリング

スケーラーという器具を使って、歯の表面に沈着したプラークや歯石などを除去します。

PMTC

専用器具を使って行う専門的な歯のクリーニングです。自宅でのブラッシングだけでは落としきれない、歯と歯の間や歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)に入り込んだプラークや歯石を取り除きます。処置の最後に、歯の表面をツルツルに磨き上げ、汚れの再付着を防止します。

シーラント

奥歯にある深い溝にレジン(歯科用プラスチック)を埋め込み、むし歯を予防する処置です。特に生え替わったばかりの、お子様の永久歯に効果的です。

そのほか、下記のような口腔内の状況についても注意深く確認します。

  • 咬み合わせや顎の状態に問題がないか
  • 舌や粘膜、だ液などに異常がないか
  • 入れ歯の不具合や故障がないか
Q.適切な定期検診の間隔とは?

Q.適切な定期検診の間隔とは?

A.定期検診に行く間隔は個人差がありますので、当院では、患者様の口腔内の状態を見て、1~6ヶ月間隔での定期検診をおすすめしています。ブラッシングが苦手な方や歯周病にかかっている方には、短い間隔での定期検診をお伝えしています。

受診の目安
1~15歳 春休み、夏休み、冬休みの間に一回ずつ
16~29歳 3~6ヶ月の間隔
30~49歳 3~4ヶ月の間隔
50歳以上 1~3ヶ月の間隔

白い歯に変える前に

白い歯に変える前に

歯をキレイに見せたいという理由で、ホワイトニングや審美歯科を利用される方は多いかと思いますが、歯の見た目を改善する前に、口腔内が健康であるかを確認していただきたいと考えています。なぜなら、ホワイトニングや審美歯科治療は健康な状態で行わないと、歯にダメージを及ぼしたり、何らかの症状がでてしまったりする可能性があるからです。

当院では、ホワイトニングや審美歯科治療を行う前に、むし歯や歯周病などの病気の有無をチェックしています。病気を発見した場合には、治療を優先して行います。

治療中断のリスク

治療中断のリスク

治療の過程で痛みなど症状がなくなったからと言って、途中で治療をやめることはとても大きなリスクがあります。症状がないからと言って、必ずしも完治したわけではなく、そのまま放置しておけばさらに悪化します。最悪の場合、抜歯することもあるのです。

ですので、治療途中で通院しなくなってしまうのはやめましょう。スケジュール通りにご来院いただくことがベストですが、難しければ期間が少し空いてしまってもよいので、必ず最後まで治療をお受けください。

治療中断のリスクについて